記事一覧

【師走の記】

2014.12.06

いよいよ師走です。いよいよと書きましたが、昔ほど「師走」の慌ただしさが無くなっているような気がします。いろいろな意味で余裕が出て来ているのでしょう。
余裕があるのは良いのですが、別な意味で一年の歳時を肌で感じなくなるのは、生活の感性が鈍ってくることでもあります。
そして生命への感性も鈍ってきます。
そのような意味で、ポランの家も原点に戻りスタッフ共々、日常の小さな豊かさを感じ取れる来年にしたいと思っています。(橋本記)